市川市内で家族葬を執り行う時の流れを知る

信頼できる葬儀社を決めて準備をする

身内が亡くなってしまい、これから市川市内で葬儀社を決めて家族葬を執り行おうと考える時に、基本的に流れを把握しておかなければ円滑に進めていくことができません。葬儀社を選んで進めていくこととなりますが、失敗しないように選び方を事前に確認しておきましょう。突然ならば急遽決めることになるので、精神面でも厳しい状態ながらしっかりと選んでいくことが必要です。家族や親族だけが参列するとはいえ、儀式なので故人を偲べる環境を作らなければなりません。家族葬に関するプランを提供している市川市内の葬儀社も多々ありますが、費用が明確になっているかがポイントです。葬儀費用が明確になっていないと多く費用を徴収されることもあるので、明細などをしっかりと見積もってく必要があります。割引を謳っている葬儀社もありますが、プラン自体が高額に設定していることがあります。返礼品などの費用が多くかかってしまうこともあるので、想定外の費用が発生しないように選んでいくことがポイントとなっています。お布施についても考えておく必要があるので、総額でいくらかかるかを細かく教えてくれる葬儀社が理想的です。

事前の打ち合わせや斎場の準備を進める

葬儀社を決めて準備を整えたところで、家族葬に向けて準備を進めていきます。市川市内で斎場を見つけていくとともに、参列者リストの作成や連絡を行ったり祭壇の打ち合わせなども行うことになります。式次第は事前に打ち合わせを行いますが、喪主と担当者が打ち合わせを進めていきます。ただ、時間的にあまり余裕がないので、おおまかな流れの確認程度で、あとは式の進行中に担当者のフォローが適時入ります。お坊さんも昔から付き合いがあれば依頼をして、通夜や告別式に向けて準備を進めていくようにしましょう。

お通夜や本葬後まで内容を把握する

準備を整えたら流れとしてお通夜に入っていきますが、一般葬と違ってひっそりと見送っていきますので焼香客も少ないです。棺の線香を消さないように見守る人を用意する必要が一般葬ではありますが、現在では消えない線香を葬儀社が提供することもあります。夜が更けたところで喪主も休みながら、本葬へ進めていくようにしましょう。参列者が揃ってから本葬に進んでいき、最期の別れを進めていくことになります。読経を終えてから初七日法要を行うこともあるので、宗派によって理解をするようにしましょう。お別れを行ってから霊柩車に棺へ納めていき、火葬場へ行ってから火葬して荼毘に付すこととなります。プランは一通り終えるところまで提供していることもあるので、葬儀社に事前に確認をしておくようにしましょう。

記事を共有する