家族葬を市川市で行うさいの服装のマナーについて

基本的な身だしなみのマナーについて

葬儀を取り行ったり参加することは、長い人生の間でもそう頻繁にあることではないので、いざその時がやってきた時には頭を悩ませることも多いのではないでしょうか。近年では規模が小さな葬儀を選択する人が増えており、市川市でも家族葬を選択するケースは珍しくなくなりました。規模が小さくアットホームな葬儀という印象がありますが、基本的な葬儀の流れやスタイルは一般葬と違いはなく、儀式はきちんと執り行うことになるので身だしなみのマナーには十分気をつけなくてはなりません。喪主も参列者も準喪服が一般的となっていますが、それだけではなく宗派に合わせるというのはもちろんのこと、執り行う喪主の考えに合わせて執り行うことになるので、身だしなみに関しても喪主の意思に合わせて考えることが大切です。

注意しておくべきポイントについて

市川市で家族葬を執り行うことは珍しくはありませんが、服装に関してはそれぞれ執り行う人の考え方に合わせなくてはならないので、どの場合でも同じと考えるのではなく、あらかじめ確認しておくことが大切になってきます。喪主となる人よりも格式が高い服装をすることは失礼にあたるので、喪主がどのような考え方とスタイルで葬儀を執り行うのかを確かめておくようにしましょう。葬儀は基本的には小さな子供は連れて行かないことがマナーですが、家族葬は規模が小さい葬儀ということもあり、孫などごく身近な場合に連れて行くことも珍しくはありません。子供の身だしなみとして、わざわざ喪服を購入して着用させる必要はありませんが、最低限のマナーは守っておくようにしましょう。

小物類にも注意しておくことが大切

靴やバッグ、靴下やタイツ、ストッキングなど小物類にも気をつけておかないと、マナー違反になってしまい失礼にあたることがあるので、十分気をつけましょう。基本的には光沢がない黒色のものを使用することが一般的であり、マナーとなっています。もちろんネックレスや指輪、時計に関しても気をつけなくてはならず、基本的に結婚指輪以外は身につけない方が良いと考えておくべきです。家族葬となれば、服装は平服でも良いというケースもありますが、平服といってもカジュアルな服装ではないということは頭においておきましょう。市川市でも規模の小さな葬儀は珍しくはなくなりましたが、葬儀を執り行う人の考えに合わせて適した身だしなみにして行くことが重要と言えるのではないでしょうか。

記事を共有する