基本的な通夜のマナーや流れについて

近年日本では規模の小さな早期を選択する人が増えており、市川市でも家族葬を執り行うことは珍しくなくなりました。家族のみしか参列できないという定義があるわけではなく、自由度が高いというのも人気の理由の一つです。規模が小さいという以外は、一般的な葬儀たちがいらないので儀式もしっかりと行い、きちんと故人を見送ることができます。通夜式や告別式も執り行うことになりますが、参列者は限られるので落ち着いて故人を偲ぶことができ、本当に最後の別れを惜しみたいと考えている人だけが参加できるアットホームな雰囲気の葬儀となっています。

参加するべきか考える必要がある

一般的な葬儀の場合には、訃報が届いたら通夜式か告別式のどちらかに参列するか、両方に足を運ぶかを考えることになります。しかし家族葬の場合には、参列して良いのかよく考えなくてはなりません。参列をお断りすると書かれていたり、遠慮してほしいと書かれている場合には、当然足を運ぶべきではないので気をつけましょう。お断りや遠慮という記載がなくても、日時や会場が書かれていない場合には参列を遠慮してもらいたいという意思の表れということが多いので、わざわざ調べて足を運ぶということはするべきとは言えません。市川市で家族葬は珍しくはありませんが、参列するべきかどうかをしっかり見極めることが重要であり、どんな場合でも参列すれば良いというものではないことは頭においておくべきです。参列する場合でも、香典は辞退するというケースが多いので、念のため準備はしておくべきですが、無理に渡さないように気をつけましょう。

遺族側が気をつけておかなくてはならない点とは

家族のみの葬儀にしようと考えていても、当日になり参列者がやってくるケースもあるということも頭においておかなくてはなりません。近年では告別式ではなく通夜式にのみ参列するという人が多いので、特に気をつけておく必要があります。家族のみがギリギリ入ることができる、小さな会場を選んでしまうと急遽参列者が増えた時に、会場に入ることができず困ることにもなりかねません。いざという時に失礼のない対応をするためにも、何のための準備はしておくべきです。市川市でも数多くの葬儀業者が存在しているので、規模の小さな葬儀を執り行った実績が豊富にあらら、ありとあらゆる事態に迅速に対応してくれる業者を選んでおくことが大切です。

記事を共有する